脊柱管狭窄症について

脊柱管狭窄症について

2021-11-01

こんにちはスタッフの遠藤です。
今回は脊柱管狭窄症について書いていこうと思います。

上記の図が脊柱管になります!
脊柱管が狭くなり、神経を圧迫することで腰痛や痺れを引き起こすのが主な特徴です。
脊柱管狭窄症とは、脊椎の中心にある脊柱管が狭くなることで、その管を通る神経を圧迫して、痛み、痺れを引き起こす症状です。
脊柱管狭窄症による狭窄の殆どが、後天性のもので、筋力の衰え、骨の変形、軟骨の減少など、中高年以降、特に高齢者に多く見られます。
首に起こるのが、頚部脊柱管狭窄症ですが、首に近くになる頸椎の脊柱管が狭くなることを示します。
首こりがひどい、肩こりがひどい、腕がしびれる、頭痛が出るなどの症状があらわれます。また肩、首の症状に伴い、睡眠の質なども低下するため自律神経の乱れなどもおこりえます。

次に、腰部脊柱管狭窄症ですが、神経根型と馬尾型に区分されます。

神経根は、脊柱管の左右両側を通る神経なので、どちらか一方に圧迫があると、片方だけに症状が現れるというのが特徴。
例えば、右足に痛み、痺れがあるのに、左はまったく感じないなどがあります。

馬尾型の腰部脊柱管狭窄症です。

馬尾神経は、神経の束なので、両足、下肢全体にしびれ、麻痺、痛みが広がります。
またこの場合、残尿感、便秘、性的異常など排泄トラブルも同時に確認されることがあります。

狭くなった脊柱管を広げるには外科的な手術をするしかありませんが、脊柱管狭窄症に伴い現れる筋肉のこわばり、それに伴うしびれや疼痛などは施術を行い、適切にアプローチを行っていくことで緩和していくことが可能です。脊柱管狭窄症による痛みは神経の痛みです。神経痛はとても痛みがつらく、見た目的には外傷ないため精神的にも苦しい期間となります。少しでも症状を緩和していくことで、とてもつらい時期をなんとか乗り切るお手伝いは出来ると考えています。
そういった症状にお悩みの方は是非一度はるかぜ鍼灸接骨院をお試しください。


ホームページをご覧のあなた様へのプレゼント

ホームページ限定特典はこちら

「ホームページの合い言葉」をお伝えください。
ホームページの合い言葉は下記のクーポンの中にあります。

ホームページ特典

◎ホームページ限定特典は初回のみのサービスです。

電話・メールでのお問合せはこちら

電話でのお問合せ
メールでのお問合せ

「はるかぜ鍼灸接骨院」へのお電話はこちら

 【住 所】 〒417-0001 静岡県富士市今泉1丁目11-8
 【電話番号】 0545-53-7272
 【営業時間】 平日 午前 8:30~12:30 午後 14:30~19:00
水曜日 午前 8:30~12:30
土曜日 午前 8:30~13:00
 【受付時間】 午前は12時10分まで、午後は19時まで
 【定休日】 水曜土曜午後、日曜、祭日、盆、年末年始
 【最寄駅】 東海道線「富士駅」「吉原駅」、岳南鉄道「吉原本町駅」
 【駐車場】 無料駐車場18台、よねやま歯科と共同使用完備

コメントを残す

*

PAGE TOP



富士市 「はるかぜ鍼灸接骨院」

住所:〒417-0001
静岡県富士市今泉1丁目11-8
TEL:0545-53-7272




MENU

MAIL

TEL
HOME