ブログ記事一覧

交通事故治療での接骨院と整形外科の違いとは?

2019-12-01 [記事URL]

こんにちは、スタッフの國持です。

早朝と夜は上着が欠かせなくなってきました。

今日は患者様からよく聞かれる質問についてお話したいと思います。

年末に近くなるほど交通事故も多くなります。
 
なにかと忙しくて慌てたり、旅行や帰省普段使わない人も車を運転する機会があるかと思います。
 
交差点の進行や、駐車場から出るときなど、運転には充分に注意してください。
 
 接骨院でも、交通事故の治療が受けられるのはご存知ですか?
 
これを意外と知らない人が多いです。
 
整骨院・接骨院では、怪我の治療をするときには保険を適用して行うことが厚生労働省より認められています。
 
このことも知らない人が結構いらっしゃいます。
 
接骨院のイメージはどんな感じでしょうか?
 
「保険が使える」「マッサージや電気が受けられる」「整体より安い」
 
このようなことをよく伺います。
 
「保険が使えるマッサージ屋」なんて思っている方も中にはいらっしゃるかもしれません。
 
保険を使って慢性的な肩こりや腰痛、あるいは慰安目的の施術はできません。
 
自費であれば、慢性の症状でも、肩こりでも国家資格者による安全な施術を受けることができます。
 
整形外科で診てもらったけど、症状が改善せず、薬や経過観察だけでなく、施術を受けて少しでも楽に過ごしたいという方はぜひ当院にご相談ください。
 
負傷の場合は、接骨院でも保険を使って治療を受けることができます。
 
交通事故の場合にも自賠責保険を適用して、自己負担金0円で通院することができます。
 
しかし、交通事故の場合は後遺症が残る可能性や、仕事を休まなくてはならなくなった際の休業補償など、
 
保険会社とのやり取りが多くあります。
 
この時、接骨院だけの通院では補償などの面で不利になることがあります。
 
後遺症が残ってしまい、後遺症認定というものを申請する際にも、医師に経過を診てもらっていることが必要になりますので、
 
当院では患者様にとって不利益にならないよう、整形外科と接骨院、どちらにも通うことをお奨めしています。
 
接骨院・整骨院では診断、検査、投薬が出来ません。
 
ケガの場合は骨に異常がないかなど、画像検査は重要なものです。
 
接骨院でベストな施術を受けるためにも、整形外科で診察を受けておきましょう。
 
現在、整形外科にかかっていて、投薬などで症状がなかなか変化しなくて困っている方や、接骨院との併用を考えている方も当院で治療を受

けることができます。
 
ケガの痛み、長引く痛みで困っている方はぜひ当院にご相談ください。

スタッフ一同お待ちしております。


自律神経について

2019-11-01 [記事URL]

こんにちは、はるかぜ鍼灸接骨院スタッフの遠藤です。暑かったり、寒かったりと自律神経にとても負担がかかる気候になっていますが、皆様元気におすごしでしょうか!?
今回は自律神経について書いていこうと思います。

自律神経は、次の2つの神経から成り立っています。
交感神経・・・活動している時、緊張している時、ストレスを感じている時にはたらく
副交感神経・・・休息(睡眠)している時、体の回復をしている時、リラックスしている時にはたらく
正反対のはたらきをするこの2つがバランスよくはたらくことで、日中の活動をスムーズにおこなって、夜の睡眠でしっかりと回復する。これが私たちの本来の状態であり、健康な状態でもあります。
しかし、自律神経の乱れからくる不調に悩まされている人は、日々のストレスがとても多く、交感神経ばかりがはたらいていて、副交感神経が十分にはたらけていない。回復がおいつかなくなって、体にも心にも不調をきたしてきます。

気候や気圧の変動などで、自律神経に負担がかかると(ストレスがかかると)自律神経の中の交感神経が興奮し、血管を収縮させます。血管が収縮すると、酸素や栄養素を運ぶ血液の流れが悪くなりむくみが出たり、古傷が痛んだり、様々な痛みや身体の変調を感じるようになってきます。

このような自律神経の症状を和らげる為に、はるかぜ鍼灸接骨院では、鍼灸治療や手技治療、スーパーライザーなどを用いて不調の改善を目指していきます。
今回はスーパーライザーについて紹介をしていこうと思います。
スーパーライザーは、直線偏光近赤外線(ちょくせんへんこうきんせきがいせん)治療器です。
①直線偏光処理をした光は傷を早く治す力があると報告されています
②近赤外線は身体の中の一番深くまで届く光です(深達性)
この二つの特徴を持った光を照射することにより、様々な治療に使用されているのがスーパーライザーです。

上記のような症状を和らげる為に、のどの付近にある星状神経節にスーパーライザーを照射する星状神経節近傍照射という治療法があります。

星状神経節近傍照射は痛みがなく、安全で副作用のない治療法の一つです。

ペインクリニックで多く用いられるブロック療法に星状神経節ブロック療法があります。頭、顔面、上肢、胸、心臓、気管支、肺等を支配している星状神経節に薬液を注射し、一時的に神経を遮断することで、悪くなった血流を改善し、痛みを和らげる治療方法です。
当院で行う星状神経節近傍照射は星状神経節ブロック注射の70%~80%の効果を得ることが出来ると言われております。痛みや副作用もないためとても安心です。

はるかぜ鍼灸接骨院では鍼灸治療や手技治療とスーパーライザーを組み合わせることで、症状の改善、緩和を目指していきます。
毎日、仕事や家事、育児に追われとても多忙な日々を送っている方が多いと思いますが、忙しいからこそ、自身をいたわってあげることも必要なのではないでしょうか。
身体の不調にお悩みの方は是非一度、はるかぜ鍼灸接骨院にご来院ください!!


臨時休業のお知らせ

2019-10-12 [記事URL]

台風接近の為、本日臨時休業とさせて頂きます。
また13日 14日は祝祭日となるため15日(火曜)より通常営業となります。
よろしくお願いいたします。


腸腰筋をきたえましょう!

2019-10-01 [記事URL]

こんにちは、はるかぜ鍼灸接骨院スタッフの遠藤です。今回は人間の直立2足歩行を可能にした筋肉、腸腰筋について書いていこうと思います。
腸腰筋は背骨と大腿骨をつないでいる体の奥のとても太い筋肉です。加齢などにより腸腰筋が細く弱ってくると歩くスピードが落ちて足が上がらなくなりやがてはすり足のような歩き方になってきます。すなわち、歩行能力に深く関係している筋肉であることが分かります。腸腰筋は上半身と下半身をつないでいる『大黒柱』のような存在です。この大黒柱がなければ、立つことも、2足歩行することもできません。実際にこの筋肉が衰えてしまうと直立も歩行も出来ず寝たきりのような状態になり動けなくなってしまいます。そういった点を考えると腸腰筋は、動く機能を保つ筋肉であり、人間らしさを保つ筋肉でもあると言えると思います。もちろん腸腰筋以外の筋肉も重要ですが、腸腰筋をしっかりと鍛えていれば一生動ける体でいられる可能性が高まるのではないかと考えます。私も一生にわたって動ける体をキープしたいと思います。そのために腸腰筋をいつまでも弱らせない、衰えさせない事は一番大きなカギになるのではないかと考えています。
腸腰筋の筋肉量の減少を防ぎ、また筋肉量を増加させることは年齢に関係なく可能です。
具体的には
1 筋トレと有酸素運動の両方を行う
2 上半身よりも下半身(腸腰筋)を中心に鍛える
3 運動を一生にわたって継続していく

有酸素運動はウォーキング、ジョギング、水泳、水中ウォーク、サイクリング、エアロビクスなどにより行うことができます。もちろんテニスやバドミントンなどのスポーツでも可能です。継続することが大切なので自分自身が楽しめる運動が良いと思います。
下半身の筋トレはスクワットをおすすめします。しかし、重りをつかってやるものではなくなくながら運動をおすすめします。歯を磨きながら、テレビを見ながら、待ち時間に座りながら、一日の中でちょこちょこと行っていきます。
一生運動を継続するわけなのでハードルはなるべく低く設定したほうが継続しやすいとのではないかと考えます。
きっと10年という歳月がたった後に、やった人とやらなかった人では姿勢や動ける量などに大きな大きな差が現れる結果になつのではないでしょうか。
10年後、20年後、30年後を見据えて腸腰筋鍛えることで老化の波に逆らっていきましょう。そして健康寿命を延ばしていきましょう。トレーニングに終わりはありません。ご飯を食べたり、お風呂に入ったり、呼吸をしたり、話をしたりと同じくらいの感覚で腸腰筋をきたえましょう。そうすれば、未来はよりよい方向へ向かっていくのではないでしょうか。
また、はるかぜ鍼灸接骨院にはこの腸腰筋を効果的に鍛えるプログラムも用意してあります。腰痛、肩こり、猫背、骨盤のゆがみなどの原因にも腸腰筋は大きく関わっています。皆様のお力になれるよう日々、精進していきます。是非、はるかぜ鍼灸接骨院をご利用ください。


高圧酸素酸素ルームのススメ

2019-09-03 [記事URL]

こんにちは、はるかぜ鍼灸接骨院スタッフの遠藤です。はるかぜ鍼灸接骨院には高圧酸素ルームが設置されています。人間の病気の多くは、組織の酸素不足から起こると言われています。組織の酸素不足を高圧酸素療法により組織の酸素飽和度を上げることで改善していきます。高圧酸素療法には2つ意味合いがあると言われています。1つは多くの酸素を体に取り入れること。もう1つは環境を高圧にするという点です。低気圧が近づくと頭痛になったり、体調が崩れたり、憂鬱な気分になる人が多いと思います。逆に天気が良く、高気圧になると気分も晴れやかになります。

高圧酸素ルームに期待できる効果として
①ぐっすり眠れる
②ストレスを緩和する
③目の疲れがとれてすっきりする
④酸素不足からくる不調の改善
⑤血流の改善で、コリや冷え性の緩和
こういった効果を期待することができます。
はるかぜ鍼灸接骨院ある高圧酸素ルームの気圧は1.3気圧です。高圧酸素は細部組織に多くの酸素を送るため、酸素が増えると同時に活性酸素も増え、酸化ストレスがかかり活性酸素が増大する可能性があると考えられていましたが、近年、検証がなされ『最大1.3気圧、最大50%の高濃度酸素を用いた酸素ルームであれば活性酸素のリスクはない』と考えられるようになりました。そんな理由で1.3気圧の高圧酸素ルームを取り扱っております。

現代人の9割は酸素不足におちいっていると言われていますが、不規則な生活習慣、運動不足、ストレス、喫煙、飲酒、体力(筋力)の衰えなどが、大きな要因なのではないでしょうか。

酸素欠乏による症状をまとめると・・・

酸素濃度 症状
21%     通常の酸素濃度
18%     安全の下限(要喚起)
16%     頭痛、吐き気
12%     めまい、筋力低下
10~6% 失神、昏倒、7~8分以内に死亡
6%以下     瞬時に昏倒、呼吸停止、死亡

身近な例として言うと、梅雨や秋の長雨、台風シーズンになると、頭痛、古傷や関節の痛み、倦怠感などの体調不良になることが増えてきます。これらの症状は気圧と深く関わっています。飛行機や、高い山に登った時にポテトチップスの袋がパンパンになっているのを目にしたことがあると思いますが、高度が上がって気圧が下がると外側からの圧力が弱まり袋の内側から外側に向けての圧力が強くなるために起こる現象です。同じ原理で、低気圧になると体の中の細かい血管が拡張することで、むくみが進み、神経を圧迫することで、頭痛や古傷、関節痛などを起こします。これが低気圧で体調が崩れる理由です。
さらに低気圧が続き湿度が高い日が続くことで、体の水分が蒸発しにくくなり体内の水分が発散できにくくなると体温調節が上手くできなくなることから体調を崩す可能性があります。高気圧の時はこの反対ですね。体調は良くなりやすい傾向があると思います。

こういった理由から高圧酸素ルームを用いた高圧酸素療法はより良い体調をつくっていくために非常に有効な手段といえます。
ぜひ、高圧酸素ルームをご利用ください。


ギックリ腰について

2019-06-13 [記事URL]

こんにちは、はるかぜ鍼灸接骨院スタッフの遠藤です。
寒かった冬が終わり、夏に向かってどんどんと気温が上がってきていますが、皆様の体調はいかがでしょうか。今回は、ぎっくり腰について書いていこうと思います。
「ぎっくり腰」とは、急に起こった強い腰の痛みを総称して一般的に用いられている名称で、病名や診断名ではありません。重い物でも物を持ち上げようとしたとき、腰をねじるなどの動作をしたとき、長時間の運転後や、草むしり、朝起きた直後や何もしないで起こることもあります。
痛みの原因はさまざまで、関節や軟骨に大きな力がかかって負傷した状態(捻挫、椎間板損傷)、腰を支える筋肉(腱、靱帯)などの柔らかい組織(軟部組織)の損傷。また、下肢に痛みやしびれがあったり、力が入らないなどの症状があったりする場合は、椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症などの病気(疾患)の可能性もあります。多くの場合は筋肉の緊張により神経を圧迫する事で、坐骨神経痛等の症状を引き起こしている場合もあります。
また、気温の上昇に伴い、体の水分量が低下する事で軽度の脱水を起こし、筋肉が痙攣し
『つった』状態になる事もあります。ふくらはぎなどのこむら返りを経験した方ならわかると思いますが、とても痛いです。
さらに、可能性は高くありませんが、がんが転移して弱くなった背骨の骨折(病的骨折)や、ばい菌による背骨や軟骨(椎間板)の化膿など重大な原因が潜んでいることも時にあります。

今出ている症状がどういったものから引き起こされているかを判断し適切な施術やアドバイスを行っていく事が我々の仕事だと考えています。

腰の状態を判断していくうえで重要なポイントは患部に炎症が起こっているのか、起こっていないのかではないでしょうか。判断を行っていくうえでまずは問診です。

・なぜ今の症状が出ているのか?
・どこで症状が出たのか?
・いつから症状が続いているのか?
・何をして症状がはじまったか?
・どのように痛むか?

問診を行なう事で原因の仮説を立てることが出来ます。
仮説をもとに触診やテスト法を用いてさらに検査を行い、施術を行います。施術を行い、状態の変化を観察しながらまた次の仮説を立て症状に対してのアプローチを行なう事で緩和・改善を目指していきます。

ぎっくり腰様の症状に似たものでも病気が原因になっているものもあります。過剰に警戒する必要はありませんが、そういった事もあると知っていると対応できることもあると思います。

例えば・・・
1. 強い衝撃を受けた(高い所から転落した、交通事故にあったなど)
高齢者の圧迫骨折は、ケガから数日して痛みが増してくることがあります。
また交通事故などでは直後は興奮状態で痛みをあまり感じないこともあります
2.夜間痛、楽な姿勢が探せない、動きと痛みが無関係、安静時痛
3.発熱、冷や汗
4.胸部も痛む
5.大きな病気、長期の薬物使用歴がある(癌の既往歴、長期ステロイド剤の使用等)
6.足にしびれや麻痺がある
7.排尿や排便に異常がある
疑わしい場合には、早期に病院を受診、診察が必要です。

はるかぜ鍼灸接骨院では、問診、触診、テスト法による検査を行い、整体マッサージ、鍼灸施術、電気療法、超音波施術、スーパーライザーなどそれぞれの状態に合わせた適切な施術を提案させていただきます。

ぎっくり腰など腰痛にお悩みの方は一度、はるかぜ鍼灸接骨院にご相談ください。


肩こりについて調べましょう。

2019-03-01 [記事URL]

こんにちは。はるかぜ鍼灸接骨院の影山です。

今回は、肩こりについて調べていこうと思います。

そもそも肩こりの「こり」ってなに?、と思う方もいるのではないでしょうか。

簡単に言うと、筋肉が様々な理由でかたくなってしまった状態を指します。それゆえ、肩に起きた場合は「肩こり」と表現するのです。

では、なぜ硬くなってしまうのでしょう?

もともと、人体において、頭の重さは約5~6kgあると言われており、これを支えているのは首と肩だけです。人間は、これを一日の2/3は常に支えていることになります。この状態が365日続いてしまえばどうなるかは、書くまでもないでしょう。

何より、最も多い原因とされているのは、①長時間にわたって同じ姿勢でいる事、②パソコンやスマートフォン等の見過ぎで瞬きが減ることによる眼精疲労、③慢性的な運動不足、④過度のストレスであるとされています。特に上記の①、②、④は今これをご覧になっている方も多いのではないでしょうか?

これらの簡単な予防法としては、①まめに姿勢を変えたり、肩や首のストレッチをする(首や肩をゆっくり呼吸しながら回す等)事、②意識して瞬きや目のストレッチ、一点を凝視しない事、③と④は日常生活の中で1~2時間でも軽い運動をいれたり、自分なりのストレス解消法を取り入れて頂けるといいでしょう。

この予防法を一日の中でこまめに行うだけでも、大きな変化が期待できるかと思います。是非試してみてください。


交通事故でしてはいけない事

2019-02-22 [記事URL]

こんにちは。スタッフの國持です。今回は、交通事故でしてはいけないことをお話したいと思います。

まずは、現場検証で適当な受け答えをしてはいけないことです。

警察官は事故を直接見たわけではないので、被害者と加害者の証言から

こうであるという推測で書類を作成します。

実況見分調書は一度作成してしまうと後で訂正される事はほぼないため

事故のショックで動揺して適当な受け答えをしていまうと、あとあと自分にとって不利な状況になってしまいます。

警察官から事故の状況について聞かれたとき、思い出せる限りしっかりと答えましょう。

事故の負傷でお悩みの方は当院にご相談ください。


富士市 接骨院 年始の営業のご案内

2019-01-04 [記事URL]

こんにちは。はるかぜ鍼灸接骨院スタッフの影山です。

明日1月5日(土)より、『はるかぜ鍼灸接骨院』通常営業を開始いたします。

本年もより良い治療を提供していきますので、よろしくお願いします。

皆様のご来院をお待ちしております。


富士市 接骨院 物損事故と人身事故の違い

2018-12-28 [記事URL]

こんにちは!はるかぜ鍼灸接骨院の國持です。今回は交通事故における物損と

人身の違いについてお話します。

ざっと見るとこんな感じです。

物損事故➡被害が車や物品のみの事故
人身事故➡死傷者が出た場合の事故

本来ならば、車同士または車対人等の事故は人身事故扱いになるはずですが、

事故後、目立った怪我等もない場合、警察を呼んでもほとんどの場合が物損事故として処理されます。(途

中から人身事故扱いに変更する事も可能です)

それはなぜか?

人身事故扱いになった場合、加害者は業務上過失傷害罪(刑法211条)で書類送検されることを意味し、

刑事罰のおそれがあり、また、行政処分(=免停など)の可能性も高まります。

また人身事故扱いになると、被害者と加害者が日程を調整し、警察へ出頭する必要があります。(加害者が

警察への出頭を嫌がったり、日程調整できない場合被害者のみでも可能な場合もあります)

そこで事故状況の確認(実況見分調書)の作成を行います。

警察としても、物損事故に比べ人身事故扱いになると手間がかかるので、出来るだけ物損事故で収めようとする傾向があるようです。

法規的には物損事故扱いの場合、自賠責保険を使った医療的な行為は認められておりません。

しかし実際には物損事故扱いの場合でも身体に不調が生じれば、治療をすることが可能です。

ただしここで大切になるのが、加害者側の保険会社に許可を取ったかどうかです。

今、自分の身体がどういう状態なのかを伝え、治療の必要性を訴える必要があります。

また交通事故から時間が経つと、仮に痛みが出始めても交通事故との因果関係が認められなくなり、治療が

できなくなる可能性もあるため、出来るだけ早めに連絡をいれることが望ましいです。
(事故後~二週間程度の期間がいいと思います)

しっかりと治療の必要性を訴えることで、物損扱いになったとしてもある程度の保証を獲得することが出来ます。

「痛みがあるけど医師に伝えていいのだろうか」と思ってしまう方もいらっしゃいますが、後々ケガで苦し

い思いをするのは自分自身なので、ちゃんと辛いところを医師に

伝えましょう。

交通事故の負傷でお悩みの方は当院にご相談ください。


ホームページをご覧のあなた様へのプレゼント

ホームページ限定特典はこちら

「ホームページの合い言葉」をお伝えください。
ホームページの合い言葉は下記のクーポンの中にあります。

ホームページ特典

◎ホームページ限定特典は初回のみのサービスです。

電話・メールでのお問合せはこちら

電話でのお問合せ
メールでのお問合せ

「はるかぜ鍼灸接骨院」へのお電話はこちら

 【住 所】 〒417-0001 静岡県富士市今泉1丁目11-8
 【電話番号】 0545-53-7272
 【営業時間】 月~金 午前 8:30~12:30 午後 14:30~19:00
土曜日 午前 8:30~13:00
 【受付時間】 午前は12時10分まで、午後は19時まで
 【定休日】 日曜、祭日、盆、年末年始
 【最寄駅】 東海道線「富士駅」「吉原駅」、岳南鉄道「吉原本町駅」
 【駐車場】 無料駐車場18台、よねやま歯科と共同使用完備

PAGE TOP




富士市 「はるかぜ鍼灸接骨院」

住所:〒417-0001
静岡県富士市今泉1丁目11-8
TEL:0545-53-7272




MENU

MAIL

TEL
HOME