ブログ記事一覧

梅雨の健康なすごし方

2020-07-10 [記事URL]

こんにちは!スタッフの遠藤です。

梅雨に入り温度も湿度も上がりとても過ごしにくい日々が続いています。早く梅雨よ早くあけてくれ!!と願うばかりです。

また蒸し暑いため、冷たいものを口にする機会が増えてきます。すると、体の内側から冷えてしまいます。

体が内側から冷えてしまうと、重いような、だるいような倦怠感が出てきます。決してやる気がないとか、だらけているとかではなく、立派な体の不調なんです。

昔と違う部分は、エアコン、扇風機など涼しく過ごせる蒸し暑くなるこの季節こそ、湿気やエアコン、扇風機などにより体の冷えが、一番悪さをする時期でもあります。

蒸し暑い梅雨をいかに健康に元気に過ごしていくか。体を冷やさず、むしろ体を温めながら涼やかに快適に過ごす工夫が肝になってきます。

まずは、伝統的な夏野菜を沢山使った食生活です。

東洋医学によると、キュウリやナス・ピーマンといった夏野菜には体の内側にこもりがちな余分な熱を逃がす働きがあります。

そいったものを温かいレシピで食事していくことが良いとされています。

残念ながらレシピに関しては勉強不足の為...

しかしながら、伝統的に積み上げられた東洋医学的な考え方は面白いですね。現代の状況とも合致してきます。

また、梅雨の時期は蒸し暑さからエアコンを使い始める方も多いと思います。気温と湿度のバランスが大きく変化知らず知らずの

うちに自律神経にも負担がかかっています。

エアコンを使っている場所が増えてくると自律神経にも影響が出てきます。

自律神経に乱れが出てくると、眠りが浅くなり、疲れが抜けにくくなります。

こんな時に効果的なのが、入浴です。

とにかくすぐに体が冷え切ってしまうのも梅雨時期の特徴とも言えます。

すぐに着替える、シャワーを浴びるだけでも冷えを予防することが出来るので面倒くさがらずに汗をかいたら着替えるなどを徹底

するだけでもこの時期を健康に過ごせるのではないでしょうか。

梅雨独特の気候は、精神的にも肉体的にも負担を感じさせますので、快適に過ごすための工夫が必要です。

日々のちょっとした工夫や手間の中に梅雨時期を快適に乗り切っていくポイントがありそうです。

生活の中のちょっとした工夫でジメジメとした今の時期を、さわやかに乗り切っていきましょう!(^^)!


営業日変更のお知らせ

2020-07-02 [記事URL]


こんにちは!はるかぜ鍼灸接骨院スタッフの影山です。
今回は、皆様に大事なお知らせをさせていただきます。

まことに勝手ながら、7月より営業日の変更を行います。
7月15日より、水曜日の午後の営業をお休みさせていただくことになりました。

7月15日以降
毎週月曜日 午前8:30~12:30(受付~12:10)
      午後14:30~19:00(受付~19:00)
毎週火曜日 午前8:30~12:30(受付~12:10)
      午後14:30~19:00(受付~19:00)
毎週水曜日 午前8:30~12:30(受付~12:10)
      午後休診日
毎週木曜日 午前8:30~12:30(受付~12:10)
      午後14:30~19:00(受付~19:00)
毎週金曜日 午前8:30~12:30(受付~12:10)
      午後14:30~19:00(受付~19:00)
毎週土曜日 午前8:30~13:00(受付~13:00)

皆様にはご不便をおかけすることと思いますが、何卒ご理解の程よろしくお願い致します。


踵骨骨端症について

2020-06-27 [記事URL]


こんにちは!はるかぜ鍼灸接骨院スタッフの影山です。
毎日滅入るくらいに暑さが続きますが、皆様は体調を崩されてはいないでしょうか。
今回は以前本ブログでもご紹介した「踵骨骨端症」について改めて紹介していこうと思います。

そもそもこの「骨端症」とはどんなものなのか、あまり知らない方も多いと思われるので、そちらについても簡単にご説明します。
骨端症とは、小学校低学年~高学年の子供で、かつ激しい運動を伴うスポーツをされている子に多い症状のことを指します。
内容としては、様々な要因(外的、内的問わず)によって血液循環が悪くなり、骨が徐々に壊れていく、難しい言い方をすれば、壊死していくことです。
なぜ子供に多いのか、これは、子供の骨の構造にあります。子供の骨には骨の成長に必須となる核を中心に持ち、端っこが軟らかい軟骨で作られています。これらが成長によって少しずつ固くなっていくのですが、ここに上述した要因が重なってしまうと、成長が十分に行われずに壊れていくようになります。
これが、「骨端症」の簡単なメカニズムです。そして、これが踵に起こってしまうと「踵骨骨端症」と呼ばれるのです。

では、踵骨の場合はどのような影響で起こってしまうのでしょうか。
理由は様々ですが、多いものはジャンプやダッシュといった動きの繰り返しと言われています。
これは、踵骨にはふくらはぎからつながっているアキレス腱、足裏の足底筋膜がくっついているためで、上記の動作の酷使は踵骨に大きな負荷を与えてしまいます。この負荷が、やがて骨膜(骨を覆う膜のこと)に炎症を起こしたり、引きはがしてしまうことで痛みを生じさせてしまうのです。
また踵骨骨端症を起こしてしまう子供に共通しているのは、足が偏平足気味になっているということです。(もちろんそうでない子供でもなってしまいます。)偏平足の場合、通常の状態の足よりも負荷が蓄積しやすいため、注意が必要となります。

子供の骨は、成長速度こそ速いものの、スポーツをはじめとする大きく緩急の激しい負荷には脆い面も持ち合わせています。予防のためにも、運動後のケアは欠かさず行うことを意識しましょう。


梅雨の時期にお灸がオススメ!!

2020-06-20 [記事URL]


こんにちは。スタッフの遠藤です。いろいろなイベントなどのきなみ中止となり、季節感がなんだかイマイチつかめない感覚がありますが、今は梅雨の時期。湿気で重だるくなる季節ですね。日本は高温多湿な環境の国。水で炊いたお米を主食に、味噌汁や魚など水分のたっぷり含んだ食事をしています。水は潤すと同時に、冷やす性質を持っています。よって私たちの体は、おのずと冷えやすいのです。また日本人は皮膚が薄く、寒冷の影響を大きく受けてしまいます。体が冷えると、血液の流れも滞りがちになり、さまざまな不快な症状が生じます。東洋医学では過剰な湿気を“湿邪(しつじゃ)”と呼び、カラダに入り込み、体内の水分を必要以上に増やし悪影響を及ぼすと考えられています。余分な水分はカラダのあちこちに溜まりやすくなり、むくみや頭痛、めまい、食欲不振など、さまざまな症状を引き起こす原因になると言われています。そして高温多湿な環境の国、日本の環境や体質にぴったりなのが、そう『お灸』です!お灸は小さな刺激で体をじっくりあたためることができます。一ヶ所に熱を与えることで、効率よく全身に熱をめぐらせ、体の中から不調の改善につなげるのです。はるかぜのお灸は焼いて火傷するような、熱いお灸ではありません。もぐさと肌との距離がある、じんわりと温かい温灸を使用しています。

また更にじっくりと温める為に『枡おんきゅう』というお灸もはるかぜ鍼灸接骨院には用意されています。身体の芯まで温まるお灸です!!これから湿度が多く、エアコンでの冷えの影響を受ける季節に突入します。 ぜひお灸の心地よさを味わってみてはいかがでしょうか?


有痛性外脛骨について

2020-06-05 [記事URL]


こんにちは!はるかぜ鍼灸接骨院、スタッフの影山です!
暑さが少しずつ増して気持ちが滅入りますが、皆様はいかがお過ごしでしょうか?
今回は、以前にも本ブログで紹介したであろう「有痛性外脛骨」について改めてお話していこうと思います。

有痛性外脛骨とは、運動中や運動し終えた後に足の内側にある骨の出っ張り(足の裏の足底アーチの内側を、足の指から踵にかけてゆっくりなぞっていくと、真ん中あたりで少しでこぼこしたところを触れる箇所のこと)に痛みを覚えるものを指します。
好発年齢は10代の若者、特にスポーツ選手、とりわけ思春期の女の子に多いとされています。

さて、この有痛性外脛骨なのですが、そもそも「外脛骨」ってどこの骨?と思う方もいるのではないでしょうか。

「外脛骨」というのは、足を構成する28個の骨の中にある、舟状骨という骨(形が舟っぽいからこの名がついた模様。諸説あり。)の内側にある過剰骨のことを指します。過剰骨とは、その名の通り余分な骨のことであって、本来なら足にはあるはずがないのです。
ただしこの外脛骨、通常ならあったとしても、無い人よりも足の内側が出っ張っている程度にみられるだけで、日常生活に支障をきたすことはありません。
しかしながら、陸上競技やバスケットボール等、足に激しい負荷を強いるスポーツを繰り返し行っていると、この外脛骨と舟状骨がこすれ合ってしまい、次第に炎症が起き、痛みを生じる、と言われています。
もともと小さいころから偏平足気味であったり、上述のように競技の為にサイズのきつい靴をはいてプレーするスポーツ、緩急の差が激しいスポーツを行う選手も、有痛性外脛骨になりやすいと言われています。

10代のスポーツ選手に多いのも、骨や筋肉が成長途中であるがゆえにこうした負荷に耐え切れないから、といわれており、女の子に多いのも、男の子と比べると筋肉の強さや骨密度に差があるからではともいわれているので、予防のためにも選手には十分な注意が必要とされています。


酸素カプセルの利用目的

2020-05-20 [記事URL]


こんにちは!はるかぜ鍼灸接骨院です。今回は酸素カプセルのお話をさせていただきます。
酸素カプセルの利用目的は人によって異なりますが、比較的多い物に「足りない睡眠を補いたい」
といったものがあります。都市部では「次の案件は特に重要。なのでこれから30分酸素カプセルで仮眠する」
という使い方をされる方が多いようです。会社を引っ張っていく重圧から、寝つきが悪く睡眠が足りない
と自覚する方は多いです。睡眠不足は身体的なパフォーマンスを下げ、判断力や気力を奪います。
最近は昼寝を取り入れている企業もありますが、短時間でも酸素カプセルに入ってぐっすり寝ることで
眠気をこまめにとる使い方もできます。社長が仕事中に寝るなんてと思うかもしれませんが、
酸素カプセルに入れば周囲の目を気にすることもありません。
酸素カプセルを設置している治療院では、「施術の後、酸素カプセルに30分入ってもらったところ、多くの人が
気づかないうちに眠っていた」という声をよく聞きます。
先に紹介した通り、酸素カプセルに入ってあえて寝ようとする人もいれば、中で知らず知らずのうちに
眠ってしまう人もいます。どちらにも共通して言える効果は、短い時間のうちにすぐに眠りにつくことが出来、
活力を取り戻せるということ。この急速睡眠は酸素カプセルの特徴と言えるでしょう。
多忙な人、劣悪な環境で仕事や生活をしている人、人付き合いが苦手な人はストレスを抱えがちです。
ストレスとは、精神緊張、心労、苦痛、寒冷、感染など、各種の有害な原因(ストレッサー)に応じて体内に生じる
変化や防衛反応のことです。ストレッサーには、悪寒や騒音など物理的刺激、酒やたばこなどの化学的刺激、
細菌やウィルスなどの生物的刺激、人間関係や収入などの心理的、社会学的刺激といったものがあります。
現代人は常にこういう刺激と対峙しているので、気づかないうちにストレスがかかっているのです。
ストレスを抱えているとき、活動、緊張、ストレスを感じていることが多く、自律神経の交感神経が優位になり
血管が収縮します。その結果、血流が低下し、肩こり、めまい、注意力の欠如など様々な症状が現れます。
酸素カプセルに入ることによって自律神経が交感神経優位から、休息、体の回復のときに働く副交感神経優位
へと切り替わります。これにより、心身ともにリラックスできます。
このように仕事や人間関係で高ぶっていた自律神経を整えることで、体調がよくなり気分もリフレッシュするのではないでしょうか。
当院には酸素カプセルではなく酸素ルームが設置してあります。大人三人は入れるくらいのスペースなので、
閉塞感が苦手な人でも安心して入ることが出来ます。テレビ、エアコン完備なので快適に過ごすことが出来るとおもいます。


ウォーキングについて

2020-04-20 [記事URL]


こんにちは!今回はウォーキングについてお話します。
健康法でウォーキングを実践してる人を時々見かけます。なぜウォーキングをやるのでしょう。
健康にいいから?どうして健康になるのか。具体的に考えていくとウォーキング健康にいいか
すぐに答えられない人は意外に多いのではないでしょうか。
ウォーキングをすると血流が良くなります。もう少し具体的に言うと毛細血管が増えて酸素の
供給量が増加します。
ウォーキングなどの有酸素運動は体の隅々の細胞まで酸素を送ってくれる毛細血管の輸送網が発達します。
酸素のの供給率がいいと、体内のエネルギーがうまく回り、疲労物質をあまり出さずにコンディションを
上げることが出来ます。
そのため、毛細血管は有酸素運動を行えば行うほど増えていきます。なかでも強度が高い有酸素運動を
習慣的に行っていくと毛細血管が増えやすいとされます。
毛細血管が増えるのは主に筋肉で所かまわず臓器に増えるというわけではありませんが。
この毛細血管運動をしていない人は一個の金細胞に二個か三個しかありません。
対して有酸素運動を行っている人はその倍まで増えるのです。そのため、筋細胞に効率よく酸素を輸送するために
、輸送網をどんどん発達させるようになるのです。
よくウォーキングされる方は歩き始めて体が軽くなったり、体が疲れにくくなったりといった効果を口にされる方が多いです。
こうした作用は、まさに毛細血管の酸素供給量が増えたために起こっていることであったのです。
ですからウォーキングをやっていらっしゃるみなさんは、日々歩いて体が軽くなっていると感じられるようになったら
毛細血管が増えてきた証拠と考えるといいでしょう。ウォーキングを継続してだいたい二週間もすれば、
こうした変化が感じられるようになるはずです。
なお、毛細血管が増えてくると、このほかにもいろいろなプラスの変化が現れます。
末梢への血流がぐっと増すので、肌の血色やつやがよくなってきたり、冷えやむくみに対して効果が期待できます。
さらに、血液量や酸素供給量が増すことにより、動脈が柔らかくなります。これにより、血管の弾力性がよみがえり
脳や心臓などの動脈がだんだん柔らかくなり動脈硬化を防ぎます。
このウォーキングに加えてスクワットや足上げ運動などの大腰筋を鍛える無酸素運動を取り入れることによって、体の安定性と
力強さを手に入れることが出来ます。
なぜウォーキングをするのか、ウォーキングでなにを得るのかを考えながら行うと、あなたのウォーキングライフは今までと違った
ものになるでしょう。
健康や痛みに対するお悩みありましたら当院にご相談ください。


新型コロナウィルスの感染予防策について

2020-04-01 [記事URL]

新型コロナウィルスの感染予防策として、はるかぜ鍼灸接骨院では下記の対策を実施しております。

・院内の徹底した清掃、除菌、消毒、換気

・施術者の手洗い・うがいの徹底

・お客様がマスクを着用しての施術可能

・咳、発熱などの症状があるときは、お控え下さい。

はるかぜ鍼灸接骨院では、皆様に安心して通って頂けるよう、行政や専門家等の情報収集をし、速やかな対応をとっていきたいと思います。今後ともよろしくお願いいたします。

→トップページに戻る


起立性調整障害について(OD:orthostatic dysregulation)

2020-03-19 [記事URL]

こんにちは!はるかぜ鍼灸接骨院スタッフの遠藤です。今回は今回は起立性調節障害についてまとめました!!!

起立性調整障害について(OD:orthostatic dysregulation)

小学校高学年から高校生ぐらいの子供たちによくみられます。症状は朝起きれない、気持ちが悪い、立ちくらみがする、体がだるい、食欲がない、頭が痛い、お腹が痛い、顔色がわるいなど、様々です。

人にはどんな姿勢でも体全体に血液がめぐるように自律神経が働いています。寝ている姿勢、座っている姿勢からの立ち上がりなど起立すると、重力によって、血液が下に流れます。
その結果、一時的に血圧が低下します。通常は、この状態を回避するため、自律神経の交感神経が優位に働き、下半身の血管を収縮させて、下に流れた血液をもとに戻すよう血圧を維持します。(下半身に血液がたまらないようにします)
またそれと同時に副交感神経が低下することによって、心臓のドキドキが増加し、血圧を正常に維持するよう作用します。

しかし、起立性調節障害の場合は、自律神経の働きが正常に作動せず反応が遅れてしまうため、下半身に血がたまり、血圧は低下し、脳や全身への血流が弱くなってしまいます。
その為、一時的に酸欠、などの状態が発生し、さまざまな体調不良を引き起こします。

起立性調節障害をのりきっていくのに一番大切なことは、本人や家族、まわりの人が理解することが大切です。

まずは、生活リズムを整えていきます。早寝早起きなど規則正しい生活習慣を身につけて自律神経の日内変動の正常化を促します。その為にも、肩や首がガチガチに固まっていると睡眠の質が良くなっていきません。うまくほぐしてあげることが大切です。
身体に負担の少ない運動を毎日行うことも効果的です。軽い散歩や乾布摩擦も効果的です。
少し塩分の多い食事や、むくみ防止用の靴下なども血圧の維持に効果的です。

また、起床時には急に起き上がらずに、一度座った姿勢をとってから、ゆっくりと起き上がるようにすることも大切です。自律神経が起立性調節障害には大きく関わっているため、自律神経失調症と呼ばれることもあります。

自律神経失調症の症状としては
動悸に不眠、吐き気にのぼせ、不安やイライラ、意欲の低下、集中力の低下、めまい耳鳴り、うつ症状などがあります。これらの症状は、主に起立性調節障害を引き起こすきっかけにもなるので、できるだけ早めに改善していけるようにしましょう。

当院では主に手技、鍼灸、スーパーライザーを用いた施術を行っていきます。自律神経の失調を改善していくことで起立性調節障害の緩和、改善を目指していきます。


産後骨盤矯正について

2020-02-06 [記事URL]

こんにちは、スタッフの遠藤です。今回は,産後骨盤矯正について書いていこうと思います。
まずは産後の体の状態がどういった状態なのか書いていきます。
妊娠中の女性は出産に向けて『リラキシン』というホルモンを分泌します。リラキシンは靭帯や関節を出産が行いやすくするために分泌します。出産の為に伸びた靭帯や開いた骨盤が閉じないことにより身体に歪みが生じやすくなり姿勢が崩れます。このような事になりやすいのは、出産後のお母さんはとても忙しいということ。育児や家事で手いっぱいになります。するとホルモンの分泌が終わる頃、骨盤が歪んだ状態のまま固定されてしまい、産後の不調が続いたり、むくみや体重増加などにより産前にははけていたズボンが履けないなどの不調が出てきます。妊娠中は骨盤が前傾になります。前傾になると大腿部で体を支えることになるのでお尻の筋肉があまり使われなくなります。するとお尻の筋力が落ち下がってしまいます。逆に大腿部には肉が付きやすくなります。これが産後に起こりやすい下半身太りの理由です。
また、妊娠期間中は2000g~3000gのお子さんがお腹に居るわけですから常に筋肉や靭帯も引っ張られ続けていたので、うまく力が入らない状態でもあります。身体を支えている筋肉に力が入らないと、不意に腰を痛めてしまったり、かばい続けることで骨盤以外にも負担が広がり、股関節の痛み、恥骨痛、O脚、腰痛、肩こり、むくみ、冷え性、ポッコリお腹などなど不調があらわれてきます。
産後、前傾になった骨盤を元の状態に回復し、維持出来るように力の入る状態にすることが大切です。骨盤矯正の最適な時期としては産後1ヶ月~1年間が良いと言われています。この時期はホルモンにより靭帯がゆるんでいるので、矯正の効果が出しやすい時期になっています。この期間を過ぎても骨盤矯正を行うことは出来るのでご安心ください。※ホルモンの分泌される期間には個人差があります。
産後はお母さんがとても忙しく、肉体的にも精神的にも大変な時期でもあります。はるかぜ鍼灸接骨院の骨盤矯正では、多くの施術を重ねた国家資格者の手技と専用機器を用いてお客様一人一人のお身体の状態にあった施術を行っていきます。
また自宅で行うことのできるストレッチや体操、施術が終わってからも良い状態を維持するための適切な運動などもお伝えさせていただきます。
身体を調整しながら、肉体的にも精神的にも心地よくなり、こんにゃくのようにフニャフニャになることで、とても気持ちの良い健康生活がおくれるのではないでしょうか。
是非、はるかぜ鍼灸接骨院に来ていただき皆様の健康生活に力を尽くさせていただけると幸いです。


ホームページをご覧のあなた様へのプレゼント

ホームページ限定特典はこちら

「ホームページの合い言葉」をお伝えください。
ホームページの合い言葉は下記のクーポンの中にあります。

ホームページ特典

◎ホームページ限定特典は初回のみのサービスです。

電話・メールでのお問合せはこちら

電話でのお問合せ
メールでのお問合せ

「はるかぜ鍼灸接骨院」へのお電話はこちら

 【住 所】 〒417-0001 静岡県富士市今泉1丁目11-8
 【電話番号】 0545-53-7272
 【営業時間】 月~金 午前 8:30~12:30 午後 14:30~19:00
土曜日 午前 8:30~13:00
 【受付時間】 午前は12時10分まで、午後は19時まで
 【定休日】 日曜、祭日、盆、年末年始
 【最寄駅】 東海道線「富士駅」「吉原駅」、岳南鉄道「吉原本町駅」
 【駐車場】 無料駐車場18台、よねやま歯科と共同使用完備

PAGE TOP




富士市 「はるかぜ鍼灸接骨院」

住所:〒417-0001
静岡県富士市今泉1丁目11-8
TEL:0545-53-7272




MENU

MAIL

TEL
HOME