富士市 鍼灸接骨院 梨状筋症候群のこと

富士市 鍼灸接骨院 梨状筋症候群のこと

2018-05-06

はるかぜ鍼灸接骨院です。

今日は梨状筋の問題を考えてみましょう。

 

【梨状筋症候群の症状と原因】

梨状筋症候群というのは、お尻にある梨状筋という筋肉が坐骨神経を刺激してしまうことで、お尻から脚にかけてしびれや痛みを発してしまう症状です。
梨状筋が固くなってしまい、坐骨神経を圧迫してしまうことで、症状を発してしまいます。

梨状筋というのは、立ち上がる時に重要な筋肉であり、股関節の安定を高めてくれる筋肉です。
そのため、梨状筋症候群になると立ち上がったり腰を動かす時に様々な症状が出てしまうのです。

以下のような症状がある場合は、梨状筋症候群の可能性が考えられます。

・お尻に痛みがある
・お尻から太ももに欠けて痛みやしびれがある
・慢性的に腰痛がある
・腰とお尻の間くらいに痛みが感じる
・座っているとお尻や足に痛みが強くなっていく
・長く座っていると症状がひどくなるが、歩くと楽になる

このように、梨状筋に負担がかかることで、痛みやしびれなどの症状が発症してしまいます。
よくある症状といえば、中腰の状態など長時間運転することで梨状筋に負担がかかってしまい発症してしまうケースです。
鈍いいたみではなく、電気が走ったような鋭い痛みを感じている人が多いようです。
腰やお尻などに鋭い痛みが出ている人は、梨状筋症候群の可能性が疑えます。

症状としては腰椎間板ヘルニアと似ているので、きちんと検査をして違いを把握することが大事となります。
間違った治療を受けても改善しなく、悪化してしまうこともあるので要注意です。
梨状筋症候群に詳しくない専門医に診てもらって、ヘルニアと言われたケースもあるようです。
間違った治療をうけないためにも、腰痛に詳しい専門医に診てもらうことが重要となります。

梨状筋症候群は梨状筋が固くなることで発症しますが、原因は様々と言われています。
日常生活やスポーツで繰り返し梨状筋に負担がかかったり、股関節の異常が起きることで発症すると言われています。
また、はっきりとした原因が思い当たらなく発症してしまう場合もあります。

一度病院で見てもらって、確かな診断の元、鍼や灸も良いでしょう。

1番はあまり無理をしない事です。ひと休みが出来ますか?

それではまた。失礼します。


ホームページをご覧のあなた様へのプレゼント

ホームページ限定特典はこちら

「ホームページの合い言葉」をお伝えください。
ホームページの合い言葉は下記のクーポンの中にあります。

ホームページ特典

◎ホームページ限定特典は初回のみのサービスです。

電話・メールでのお問合せはこちら

電話でのお問合せ
メールでのお問合せ

「はるかぜ鍼灸接骨院」へのお電話はこちら

 【住 所】 〒417-0001 静岡県富士市今泉1丁目11-8
 【電話番号】 0545-53-7272
 【営業時間】 月~金 午前 8:30~12:30 午後 14:30~19:00
土曜日 午前 8:30~13:00
 【受付時間】 午前は12時10分まで、午後は19時まで
 【定休日】 日曜、祭日、盆、年末年始
 【最寄駅】 東海道線「富士駅」「吉原駅」、岳南鉄道「吉原本町駅」
 【駐車場】 無料駐車場18台、よねやま歯科と共同使用完備

コメントを残す

*

PAGE TOP

会社概要COMPANY






MENU

MAIL

TEL
HOME