富士市 あしのむくみ 肩こり 腰痛 交通事故

富士市 妊婦 恥骨の痛みを取り除く

2017-03-20

妊婦 恥骨の痛みは、何も珍しくありません。
妊娠中は、体のあらゆる部分に変化が起こることで、些細な痛みに敏感になり、戸惑う事も多くなります。

特に恥骨の痛みは、デリケートな部分であることから、だれにも相談できず一人で悩んでいる方もいるでしょう。
また薬を使うことで、赤ちゃんに何かしらの影響があるのではないか、と心配しながら痛みを我慢し続けている方も少なくありません。

その結果、体をできるだけ動かさないようにしてしまい、それが別の病気や体調不良の要因となることもあります。
そこで今回は、 妊婦 恥骨の痛みについていろいろと調べてみました。

原因や改善方法が分かれば、痛みを取り除き、楽しいマタニティライフを過ごすことができますよ。

【 妊婦 恥骨の痛みについて】

妊婦 恥骨の痛みについて触れる前に、まずは恥骨がどこにあるのかを説明します。
恥骨は、骨盤の一部で、最も下に位置します。

股の少し上辺りにある硬い骨で、外から触れる事もできます。
恥骨とは左右にある2つの骨が結合して成り立っており、主に恥骨結合部に痛みが起こります。

妊婦 恥骨の痛みの原因は、恥骨結合部がおなかの張り出しによって圧迫されているのが原因です。
胎児の成長により、恥骨結合部には、これまでに感じたことがない重さ、圧がおよそ10ヶ月も加わります。

さらに、妊娠中に分泌される女性ホルモン「リラキシン」は、産道を確保するため、じん帯や骨、筋肉を柔らかくするため、恥骨結合部は、ゆるゆるの状態です。
なんとか踏ん張っている恥骨結合部ですが、上から圧迫された骨盤が左右に少しずつ開き、あっちこっちに引っ張られた筋肉が緊張することでより強い痛みとなってしまうのです。

【痛みを少しでも取り除くには?】

妊婦 恥骨の痛みの痛みをさらに強くしているのが、骨盤の歪みだと分かったところで、デリケートな妊婦さんの体にはどうすることもできないと、諦めていませんか?

もちろん、胎児の影響を考えると薬を安易に使う事もできません。
そこで今注目されているのが、マタニティ整体です。

整骨院や整体院で実施されている施術方法で、デリケートな妊婦さんに安心の方法です。
妊婦 恥骨の痛みを改善するための骨盤矯正を実施します。

お腹を圧迫しないよう、座ったままの状態や横向けになった状態、場合によっては、立ったままで施術が受けられるので安心です。
ボキボキと骨を強く動かしたりする心配もありません。

体をさするようにマッサージしながら筋肉のコリをほぐし、血行を促進しながら、少しずつ、妊婦 恥骨の痛みを取り除きます。
安全に受けられる施術ですが、妊娠初期の施術は出来ません。

また場合によっては、安定期に入っても、施術が受けられない方もいますので、かかりつけの産婦人科医に相談しながら取り入れてください。

【日常で注意すること】

妊婦の恥骨の痛みを予防するには、日頃から恥骨部分に負担をかけないことがポイントです。
例えば、大股で歩くと、緩んだ恥骨に負担がかかりやすいので、歩幅を小さく、ゆっくり歩くのがおススメです。

また長時間歩くのをやめて、休憩を取りながらのんびり歩くようにしましょう。
さらに、階段の上り下りは恥骨に大きな負担をかけます。

できるだけ階段を避けることがベストです。

 


ホームページをご覧のあなた様へのプレゼント

ホームページ限定特典はこちら

「ホームページの合い言葉」をお伝えください。
ホームページの合い言葉は下記のクーポンの中にあります。

ホームページ特典

◎ホームページ限定特典は初回のみのサービスです。

電話・メールでのお問合せはこちら

電話でのお問合せ
メールでのお問合せ

「はるかぜ鍼灸接骨院」へのお電話はこちら

 【住 所】 〒417-0001 静岡県富士市今泉1丁目11-8
 【電話番号】 0545-53-7272
 【営業時間】 月~金 午前 8:30~12:30 午後 14:30~19:00
土曜日 午前 8:30~13:00
 【受付時間】 午前は12時10分まで、午後は19時まで
 【定休日】 日曜、祭日、盆、年末年始
 【最寄駅】 東海道線「富士駅」「吉原駅」、岳南鉄道「吉原本町駅」
 【駐車場】 無料駐車場18台、よねやま歯科と共同使用完備

コメントを残す

*

PAGE TOP

会社概要COMPANY






MENU

MAIL

TEL
HOME