富士市 接骨院 腰痛 肩こり

富士市 ストレスからくる呑気症候群

2017-03-10

呑気症候群とは、無意識の間に大量の空気を飲み込むことで、ゲップ、吐き気、などが見られる病気です。
ここでは、呑気症候群の原因や治療法を紹介します。

【呑気症候群について】

他の人と比べて、ゲップの数や頻度が多い、胃腸が悪いわけでもないのにと悩んでいる方は、呑気症候群を疑いましょう。
ゲップとは、胃の中に、余分に蓄積された空気やガスが口から出てしまう現象です。

ただ、炭酸飲料等を飲みすぎたり、ご飯を早食いしたときにも出ることがあるので、あまり深刻になる必要はありません。
しかし、これといった原因もないのに、人と比べて、ゲップがよく出る、という場合は、呑気症候群かもしれません。

呑気症候群は、空気嚥下症ともいわれ、無意識に空気をたくさん飲んでしまうのが原因です。
でも・・・空気って無意識に飲み込んでしまうのでは?

と不思議に感じる方も多いかもしれませんが、正常な場合だと空気は飲みこみませんよ。

【原因はストレスかも?】

では、空気を大量にそして過剰に飲み込んでしまうのが何が原因か?
それは、ストレスです。

思い出してください。
何か極度のストレスを感じたとき、無意識につばをゴクリと飲んだ経験はありませんか?

その時、空気も一緒に飲み込んでいます。
そのため、ストレスを抱え、つばをゴクリと飲み込む回数が多いほど、空気を過剰に摂取してしまいます。

しかもストレスを感じている時、口の中は、カラカラに乾燥しているため、唾液が出にくくなっています。
つまり、つばを飲んでいるつもりが、実は空気だけを必要以上にゴクリと飲み込んでいるのです。

その結果、胃の中は、空気でパンパンに膨れ上がり、ガスやゲップとして排出されます。
その時、スムーズにガスや空気が排出されればいいのですが、胃や腹部を圧迫したり、上手に排出できなかったりすると余計に体内に空気がたまり、その他の不具合を発生させます。

特に女性の場合、人前でゲップなんて、そうそうできるものではありませんよね。
そのため、ゲップをしたい時に、グッと我慢するのが普通です。

我慢をするとき、さらに空気を飲み込んでしまうなど、悪循環となります。

【対処法は?】

主にストレスが原因となるため、ストレスをできるだけ溜め込まないのがポイント。
上手に発散する方法としては、適度な運動や入浴、ショッピングなどがありますが、自分に適した方法を見つけてください。

最近では、週1ペースで、頑張った自分へのご褒美として、整体や整骨院でのマッサージでストレスを上手に解消するOLさんの姿も多くなっています。
その他、1日30分程度のウォーキングで、呑気症候群改善をかねた、ダイエットなども最適です。

また、食事をゆっくり楽しむのも呑気症候群予防の一つです。
早食いは、余計な空気を大量に飲んでしまう要因となりますので、慌てず、リラックスした環境で食事を楽しむように心がけましょう。

それでもなかなか改善できない場合は、骨盤等の歪みが原因となるかみしめや食いしばり、顎関節症が考えられますので、その場合は整体や整骨院などの施術で骨格の歪み矯正、骨盤矯正を早めに受けるようにしましょう。

 

 


ホームページをご覧のあなた様へのプレゼント

ホームページ限定特典はこちら

「ホームページの合い言葉」をお伝えください。
ホームページの合い言葉は下記のクーポンの中にあります。

ホームページ特典

◎ホームページ限定特典は初回のみのサービスです。

電話・メールでのお問合せはこちら

電話でのお問合せ
メールでのお問合せ

「はるかぜ鍼灸接骨院」へのお電話はこちら

 【住 所】 〒417-0001 静岡県富士市今泉1丁目11-8
 【電話番号】 0545-53-7272
 【営業時間】 月~金 午前 8:30~12:30 午後 14:30~19:00
土曜日 午前 8:30~13:00
 【受付時間】 午前は12時10分まで、午後は19時まで
 【定休日】 日曜、祭日、盆、年末年始
 【最寄駅】 東海道線「富士駅」「吉原駅」、岳南鉄道「吉原本町駅」
 【駐車場】 無料駐車場18台、よねやま歯科と共同使用完備

コメントを残す

*

PAGE TOP

会社概要COMPANY






MENU

MAIL

TEL
HOME