富士市 仙腸関節炎と思われる症状

富士市 仙腸関節炎と思われる症状

2017-10-29

仙腸関節炎について紹介します。

【仙腸関節ってどこ?】

仙腸関節とは、骨盤の仙骨と腸骨を繋ぐ関節の事を言います。
もっと分かりやすくざっくり説明すると、骨盤は、左右に広がる蝶々のような形をしています。

蝶の羽のような形をしている部分と真ん中の骨を連結している部分が仙腸関節。
関節という名前がついていながら、ほとんど動かないのが特徴で、「連結する」というのが最大の役割り。

また、脊柱や下肢の運動時にわずかに動いたり、衝撃を吸収するなどの役割りを担います。
仙腸関節は、恥骨結合部、という部分で、強固に結合され、後方では、後仙腸靭帯、仙棘靭帯、腸腰靭帯という3つの靭帯でがっちり補強されています。

【仙腸関節炎とは】

仙腸関節症や仙腸関節障害と呼ばれることもある仙腸関節炎は、骨盤のゆがみが原因で生じる腰痛で、若い女性に多くみられます。
主な症状は、腰とお尻周辺の痛みで、顔を洗ったり、靴下を履いたり、靴の着脱の際、腰を前に倒した時に痛みが強くなり、逆に座ったり、歩いたりすると、症状が楽になる事があります。

症状が悪化すると、股関節や脚に強い痛みや痺れが発生し、仰向けに眠れない、等のトラブルも出現。
その結果、日常生活にも大きな支障をきたします。

【仙腸関節炎の原因は?】

原因は、色々とあります。
まず、骨盤の歪みが考えられます。

骨盤のゆがみは、日常生活の何気ない癖、行動、不良姿勢が大きく関係しており、無意識に歪みを生じさせている事があります。
また日々少しずつ歪んでしまうので、加齢とともに、仙腸関節炎のリスクが高くなります。

中でも猫背等の不良姿勢や長時間のデスクワーク、スマホの操作による不良姿勢が急増しているので、仙腸関節炎のリスクを軽減するためにも、早めに骨盤の歪みを取り除くようにしましょう。

骨盤のゆがみは、骨盤矯正が最適。
整骨院や整体院で対応し、歪みを矯正することで、ダイエットや美容、美脚効果も期待できるので、早めに施術を受けるようにしてください。

もう一つの仙腸関節炎の原因は、扁平足。
正常な足裏のアーチが描けないことから、体にかかる負担を上手に吸収、分散できず、その影響が、仙腸関節の歪みを引き起こしています。

足裏のアーチが崩れる偏平足は、仙腸関節炎だけでなく、体全体を大きく歪ませたり、その他あらゆるトラブルの要因になるので、早めに改善しましょう。
偏平足による仙腸関節炎についても整骨院、整体で施術を対応してます。

加齢で症状が悪化する前に早めの治療が必要です。
整骨院や整体院では、仙腸関節炎に直接関わる不調を取り除くだけでなく、再発の予防、その他体全体のあらゆる不調改善に高い効果を発揮します。

また、特にゆがみもなく、仙腸関節炎と思われる症状もないけど、予防を早くから実施したいという場合でも日常生活での注意点、改善点や簡単にできる予防ストレッチの方法などもアドバイスできるので、早めに相談する事をおススメします。

 


ホームページをご覧のあなた様へのプレゼント

ホームページ限定特典はこちら

「ホームページの合い言葉」をお伝えください。
ホームページの合い言葉は下記のクーポンの中にあります。

ホームページ特典

◎ホームページ限定特典は初回のみのサービスです。

電話・メールでのお問合せはこちら

電話でのお問合せ
メールでのお問合せ

「はるかぜ鍼灸接骨院」へのお電話はこちら

 【住 所】 〒417-0001 静岡県富士市今泉1丁目11-8
 【電話番号】 0545-53-7272
 【営業時間】 月~金 午前 8:30~12:30 午後 14:30~19:00
土曜日 午前 8:30~13:00
 【受付時間】 午前は12時10分まで、午後は19時まで
 【定休日】 日曜、祭日、盆、年末年始
 【最寄駅】 東海道線「富士駅」「吉原駅」、岳南鉄道「吉原本町駅」
 【駐車場】 無料駐車場18台、よねやま歯科と共同使用完備

コメントを残す

*

PAGE TOP

会社概要COMPANY






MENU

MAIL

TEL
HOME