富士市 自賠責対応 整骨院を利用する方法

富士市 自賠責対応 整骨院を利用する方法

2017-10-01

交通事故とは、怪我をした側ももちろんですが、怪我をさせてしまった方も精神的ダメージは深刻。
そこで双方をしっかりとサポートしてくれるのが、自賠責保険です。

自賠責保険は、交通事故で怪我をした方を救済するために設置された保険で、車両を運転するものにその加入が義務付けられています。
自賠責保険の補償限度は、死亡時3000万円、相手のケガに対する入院、手術、慰謝料など120万などの上限が設置。

怪我の程度によっては、その額では不十分という事も考えられますが、怪我をさせた側にとってもかなりの負担軽減になる事は明らかです。
また自賠責対応は病院だけでなく、整骨院など治療院でも適応。

もちろん国家資格を有する柔道整復師が施術を対応する治療院のみ、という条件はあるものの、整形外科と自賠責対応 整骨院を上手に活用することで、早い回復も期待できます。

ここで紹介する情報は、車両を運転するもの、交通事故で怪我をした方も、怪我をさせた方にも必要なので、万が一に備えこの機会に把握しておくといいでしょう。

【自賠責対応 整骨院って?】

自賠責保険が適応されるのは、何も病院だけではありません。
ただ、交通事故後は、どんな状況であれ、病院で検査を受ける必要があります。

なぜなら、交通事故後は、事故によるパニック状態、興奮、から冷静に判断する事ができないばかりではなく、身体の痛みや違和感にも気づけない方も多いのが一般的。

また、交通事故で最も多い、むちうちは、交通事故から数日経過して症状がはっきりと現れるというケースも珍しくないので、それよりも前に身体のダメージをすべて調べておく必要があります。

その時、事故の過失に限らず、怪我をした人は、自賠責保険で治療が受けられるので、自己負担はありません。
ただ、むちうちの場合、レントゲンで、腱や筋肉のダメージを確認するのがとても難しいので、自賠責対応の整骨院で施術を受ける事も必要です。

自賠責対応の整骨院には、むちうち治療のスペシャリスト柔道整復師が対応するので、わずか1回の施術でも高い効果が期待できます。
症状を少しでも軽減したい、1日でも早く体調を治したい、整骨院と整形外科のいいところを一度に取り入れたい、整形外科の治療だけでは不安、症状が緩和しない、という場合に特に有効です。

【自賠責対応 整骨院を利用する方法】

利用の流れは、次のとおりです。

1、警察を呼ぶ

交通事故後は、必ず警察に連絡し、事故の情報を説明。
その時、事故証明書を発行してもらいます。

これがなければ、自賠責保険が利用できない可能性もあるので、必ずその処理を行ないましょう。

2、相手に確認すること

あなたが怪我をした場合、相手の自賠責保険で自賠責対応の整骨院等で治療を受ける必要があるので、必ず住所氏名、車両番号、自賠責保険番号、保険会社の連絡先などを確認してください。

自賠責保険は、相手が連絡することもあれば、怪我をしたあなたが直接連絡して治療請求をすることもあります。
手続き等についてよく分からない場合は、お近くの自賠責対応の整骨院でご相談ください。

ちなみに、保険についての窓口は、自賠責保険会社ではなく、任意保険会社となるので、ご注意ください。

 


ホームページをご覧のあなた様へのプレゼント

ホームページ限定特典はこちら

「ホームページの合い言葉」をお伝えください。
ホームページの合い言葉は下記のクーポンの中にあります。

ホームページ特典

◎ホームページ限定特典は初回のみのサービスです。

電話・メールでのお問合せはこちら

電話でのお問合せ
メールでのお問合せ

「はるかぜ鍼灸接骨院」へのお電話はこちら

 【住 所】 〒417-0001 静岡県富士市今泉1丁目11-8
 【電話番号】 0545-53-7272
 【営業時間】 月~金 午前 8:30~12:30 午後 14:30~19:00
土曜日 午前 8:30~13:00
 【受付時間】 午前は12時10分まで、午後は19時まで
 【定休日】 日曜、祭日、盆、年末年始
 【最寄駅】 東海道線「富士駅」「吉原駅」、岳南鉄道「吉原本町駅」
 【駐車場】 無料駐車場18台、よねやま歯科と共同使用完備

コメントを残す

*

PAGE TOP

会社概要COMPANY






MENU

MAIL

TEL
HOME