富士市 ぎっくり腰 整体オススメ 激安 マッサージ

富士市 不眠症の原因

2018-01-20

まずは不眠症の原因を知っておくことが大事

意外と眠れないという悩みを抱える方は多くて、あるデータによると日本人の5人に1人が不眠を自覚しており、約20人に1人が睡眠薬を服用したことがあるのです。
このように十分に眠れない状態が継続する症状を不眠症と呼びますが、正しく治療すれば必ず治すことができる症状です。
しかし、先にも紹介したように多くの方が悩まされていて、しかもなかなか治らない状態が継続しているケースも少なくありません。
それはなぜかというと、睡眠に対する情報の中には誤ったものや根拠に乏しいものが多くて、それにより適切な治療が実施されていないからです。
例えば、睡眠時間は8時間取らなくてはいけない、眠れないときはアルコールを飲むと良いなどというのがあって、驚くような誤解なのですが信じている人も珍しくないのです。
睡眠に対する正しい知識を持って、睡眠に良い生活を心がければ治すことができることを理解しておくことが大事で、その為にも不眠症の原因にはどのようなものがあるのかをまずは知っておくと良いです。

発症する原因には様々なものがあって、最低限代表的なものを知っておくと参考になります。
発症してしまう原因として最も多いのが精神的ストレスで、精神的に不快と感じるような刺激によって睡眠を悪化させて引き起こします。
どのような刺激を不快に感じるかは人によって違いますが、仕事仲間や家族・隣人などとの人間関係、仕事内容や生活環境などの環境的ストレスなどが多いです。
このような精神的ストレスにより、不安・落ち込み・イライラ・怒りなどといった不快な感情が起こって、その不快な感情が睡眠に悪影響を来たすのです。
また、精神的なストレスだけではなくて、身体的に不快と感じるような刺激も不眠を引き起こす原因になります。
特に睡眠中に痛み・かゆみ・息苦しさ・尿意などといった不快な刺激が生じれば、これにより睡眠の質が低下して眠りも浅くなり目覚めてしまうのです。

薬物や特定の物質の中には脳の覚醒レベルを上げるものや、睡眠の質を低下させるような作用をするものがあって、これらの薬や物質を定期的に摂取することで不眠を引き起こすこともあります。
不眠を引き起こす薬と言っても様々なものがありますが、例えば抗うつ剤・ステロイド・パーキンソン病治療薬・降圧剤・高脂血症治療薬・喘息の治療薬・下剤などが不眠の原因となる可能性があります。
また摂取することで不眠の原因になる物質としては、お酒・タバコ・カフェインなどが挙げられます。
このような物質を定期的に摂取していたり、寝る前に摂取したりすると不眠が引き起こされている可能性が高くなるので注意が必要です。

寝室の温度・湿度・明るさ・騒音などは睡眠の質に大きな影響を与えるので、寝室の環境が原因になる場合もあります。
また、何気ない日常の生活習慣に問題があって、不眠の原因となることもあるのです。
このように数多くの不眠症を引き起こす原因があるので、まずは原因を改善していくように心がけることが大事です。

 


ホームページをご覧のあなた様へのプレゼント

ホームページ限定特典はこちら

「ホームページの合い言葉」をお伝えください。
ホームページの合い言葉は下記のクーポンの中にあります。

ホームページ特典

◎ホームページ限定特典は初回のみのサービスです。

電話・メールでのお問合せはこちら

電話でのお問合せ
メールでのお問合せ

「はるかぜ鍼灸接骨院」へのお電話はこちら

 【住 所】 〒417-0001 静岡県富士市今泉1丁目11-8
 【電話番号】 0545-53-7272
 【営業時間】 月~金 午前 8:30~12:30 午後 14:30~19:00
土曜日 午前 8:30~13:00
 【受付時間】 午前は12時10分まで、午後は19時まで
 【定休日】 日曜、祭日、盆、年末年始
 【最寄駅】 東海道線「富士駅」「吉原駅」、岳南鉄道「吉原本町駅」
 【駐車場】 無料駐車場18台、よねやま歯科と共同使用完備

コメントを残す

*

PAGE TOP

会社概要COMPANY






MENU

MAIL

TEL
HOME