更年期障害と鍼灸治療

更年期障害と鍼灸治療

こんにちは。スタッフの赤堀です。   最近よく聞く、更年期障害。   女性の体は、女性ホルモンの影響によって、一生を通じて大きく変化します。 特に40歳を過ぎた頃から体の中のホルモンバランスが大きく乱れ、ホルモンバランスの乱れによって、自律神経の調節が乱れて、ほてり・のぼせ・冷えなど、体にさまざまな不調が現れます。 このような、ホルモンバランスの乱れによっておこる不調を更年期障害といいます。   更年期障害の症状には、一般に次のような症状が見られます。 急に起こるのぼせ感・発汗、下半身の冷え、手掌・足底・心胸部の熱感、動悸やめまい、不眠、頭痛、閃輝暗点(せんきあんてん)、肩凝り、腰痛、疲労感など様々な身体症状が現れます。 また、イライラ、不安感、精神疲労、うつ症状などの精神的な症状も見られるのが特徴です。   特に更年期の女性は、家事、仕事、子供の教育、介護など多くのストレスを受ける環境にあります。 さらに、女性は心の変化を敏感に感じやすいことから、体調を崩すことがよくみられます。   更年期障害の治療方法は、婦人科で処方された薬を飲み続けるか、閉経するまで堪えるかのどちらかになります。 では、更年期障害の治療手段は、他にはないのでしょうか。 そこで近年、注目されはじめてきたのが、東洋医学における鍼灸治療になります。   鍼灸治療については、1996年、WHO(世界保険機構)が、「更年期障害」「生理痛」、「生理不順」「不妊」「冷え性」などの女性特有の症状に効果があることが正式に発表されました。     鍼灸治療では下記の作用があります。   ・ 血流循環を良くする作用 ・ 気の流れを良くする作用 ・ 自律神経のバランスを整える作用 ・ 免疫力を高め、自然治癒力を高める作用 ・ 体質改善作用     婦人科などの治療と鍼灸治療の大きな違いとして、副作用の心配がほとんどないことです。 実際に、更年期障害の辛い症状で来院された女性は数多くおりますし、その効果は多くの女性が実感しております。   更年期障害の症状は大変様々で、患者様によって、身体の状態も違います。 患者様の身体の状態や悩みを聞きながら、患者様一人一人の体質に合った治療を行っていきます。 治療を受けられた患者さんの感想によると、身体が温かくなり、身体が軽くなったような気分になり、喜ばれて帰られる女性も多いです。   最近では男性の更年期障害も少なくありません。   更年期障害かもとお悩みの方は、ぜひ一度お問合せ頂けましたら幸いです。

ホームページをご覧のあなた様へのプレゼント

ホームページ限定特典はこちら


「ホームページの合い言葉」をお伝えください。
ホームページの合い言葉は下記のクーポンの中にあります。

ホームページ特典

◎ホームページ限定特典は初回のみのサービスです。


電話・メールでのお問合せはこちら


電話でのお問合せ
メールでのお問合せ

「はるかぜ鍼灸接骨院」へのお電話はこちら
 【住 所】 〒417-0001 静岡県富士市今泉1丁目11-8
 【電話番号】 0545-53-7272
 【営業時間】 月~金 午前 8:30~12:30 午後 14:30~19:00
土曜日 午前 8:30~13:00
 【受付時間】 午前は12時10分まで、午後は19時まで
 【定休日】 日曜、祭日、盆、年末年始
 【最寄駅】 東海道線「富士駅」「吉原駅」、岳南鉄道「吉原本町駅」
 【駐車場】 無料駐車場18台、よねやま歯科と共同使用完備

コメントを残す

*

PAGE TOP

会社概要COMPANY





MENU

MAIL

TEL
HOME