富士市 鍼灸 接骨院 保険 交通事故 熱中症

富士市 鍼灸接骨院 足底筋膜炎について

2018-09-07

こんにちはスタッフの遠藤です。

今回は足底筋膜炎について勉強していこうと思います。

足低筋膜炎とは?

足の裏には筋肉があり、足底筋膜という膜がそれらの筋肉を包んでいます。

その膜が炎症を起こして痛みが生じるのを足低筋膜炎と言います。

炎症というよりも足の裏の筋肉の膜が硬くなっている状態の方もちらほら見受けられます。

歩き始めの時などに踵(かかと)や土踏まずのあたりが痛むことが特徴で、

進行すると立っているだけで一日中痛むこともあります。痛みが出る時のエピソードと、

痛い部位が特徴的であることで診断されます。必要に応じて足のレントゲン(X線)写真

を撮影することもあります。治療としては、痛い動作を可能な限り控えること、足底筋の

ストレッチ、痛み止めの飲み薬や貼り薬、靴の中敷を工夫すること、サポーターの使用、

などが挙げられます。

富士市 足低筋膜炎なら、「はるかぜ鍼灸接骨院」でもご相談をお受けします。


ホームページをご覧のあなた様へのプレゼント

ホームページ限定特典はこちら

「ホームページの合い言葉」をお伝えください。
ホームページの合い言葉は下記のクーポンの中にあります。

ホームページ特典

◎ホームページ限定特典は初回のみのサービスです。

電話・メールでのお問合せはこちら

電話でのお問合せ
メールでのお問合せ

「はるかぜ鍼灸接骨院」へのお電話はこちら

 【住 所】 〒417-0001 静岡県富士市今泉1丁目11-8
 【電話番号】 0545-53-7272
 【営業時間】 月~金 午前 8:30~12:30 午後 14:30~19:00
土曜日 午前 8:30~13:00
 【受付時間】 午前は12時10分まで、午後は19時まで
 【定休日】 日曜、祭日、盆、年末年始
 【最寄駅】 東海道線「富士駅」「吉原駅」、岳南鉄道「吉原本町駅」
 【駐車場】 無料駐車場18台、よねやま歯科と共同使用完備

コメントを残す

*

PAGE TOP

会社概要COMPANY






MENU

MAIL

TEL
HOME