富士市 鍼灸 接骨院 保険 交通事故

富士市 鍼灸接骨院 熱中症になってしまったら

2018-07-27

こんにちはスタッフの遠藤です。

今までに経験したことのないくらい暑いです!!

いつ自分自身、家族、友人が熱中症になるかわかりません。

そんな場面に出会っても落ち着いて対処できるように勉強をしようと思います。

人の体温調整は、体温が上がると汗を流し、その汗が体の熱を奪って調整しています。暑い日に運動などをすると、大量に汗をかくのはそのせいです。

ところが、暑い日に激しい運動を続けたり、軽い運動でも長時間水分を摂らなかったりすると脱水症状を引き起こします。 

体温調整が活発ではない乳幼児やお年寄り、肥満の人などが熱中症になりやすいといえます。また、二日酔いなどで水分補給をあまりしていない人も熱中症になりやすいので注意が必要です。 

熱中症の症状とは

熱中症の症状はさまざまですが、およそ60%が「めまい」「立ちくらみ」「足がつる」という症状です。その後、「頭痛」や「吐き気」などを引き起こします。
それでは、このような人を見かけたらどのように対応していけばよいかを見ていきましょう。

1.まずは声をかけてあげます

これは意識があるかないかを確認するためです。真夏の暑い日にしゃがみこんでいる人などを見かけた場合は、優しく声をかけて意識がはっきりしているか、ぼーっとしているか、意識があるかを確認しましょう。

2.意識がない場合は救急車を呼んで、体を冷やしてあげましょう

声をかけてみて、意識がない場合にはすぐに救急車を呼びましょう。救急車が来るまでは、屋外であれば日陰で涼しい場所に運んだり、あおいで風が当たるようにしてあげましょう。
また、屋内であればクーラーなどをかけたり、氷や濡らしたタオルなどでワキや首すじ、大腿部の付け根(鼠径部)などの大きい血管のある場所を冷やしてあげましょう。
また、服装がきつそうであればゆるめてあげることも大切です。

3.意識がある場合は水分を自力で飲んでもらいましょう

意識がある人には、涼しい場所に移動し、水分を取ってもらいます。飲み物お茶やお水よりも塩分やナトリウム、ミネラルを含むスポーツドリンクや麦茶などが望ましいです。
また、飲ませてあげるよりもまずは自力で飲めるかどうかの確認をしましょう。自力で飲めない場合には、意識があっても救急車を呼びましょう。

4.体を冷やし、水分を補給してしばらく休みましょう

涼しい場所に移動でき、水分も自力で飲めた時は、しばらくそこで体を休ませるようにしましょう。しばらくして症状が改善されるようであれば問題ありませんが、なかなか症状が改善されない場合は医療機関に連れて行くなどしてあげましょう。

これから夏休みになり出かける機会も多くなると思います。そなえあれば憂いなしです。

健康に楽しく過ごせるようにしていきましょう。

 


ホームページをご覧のあなた様へのプレゼント

ホームページ限定特典はこちら

「ホームページの合い言葉」をお伝えください。
ホームページの合い言葉は下記のクーポンの中にあります。

ホームページ特典

◎ホームページ限定特典は初回のみのサービスです。

電話・メールでのお問合せはこちら

電話でのお問合せ
メールでのお問合せ

「はるかぜ鍼灸接骨院」へのお電話はこちら

 【住 所】 〒417-0001 静岡県富士市今泉1丁目11-8
 【電話番号】 0545-53-7272
 【営業時間】 月~金 午前 8:30~12:30 午後 14:30~19:00
土曜日 午前 8:30~13:00
 【受付時間】 午前は12時10分まで、午後は19時まで
 【定休日】 日曜、祭日、盆、年末年始
 【最寄駅】 東海道線「富士駅」「吉原駅」、岳南鉄道「吉原本町駅」
 【駐車場】 無料駐車場18台、よねやま歯科と共同使用完備

コメントを残す

*

PAGE TOP

会社概要COMPANY






MENU

MAIL

TEL
HOME