富士市 股関節痛

富士市 股関節痛

2016-09-19

股関節痛に悩んでいませんか?
股関節の動きが悪くなると、体のあらゆるところが不調となりますよね。

今回は、日常生活に潜む股関節痛の原因や症状、その他関連する病気についていろいろとまとめてみましたので、治療や予防に役立ててください。

【股関節痛の原因】

・日常生活の動作、姿勢

股関節やその周辺にある組織は、上半身と下半身を連結させている為、常に強い負荷がかかっています。
その為、不良姿勢や歩き方、座り方など無意識に行う行動、動作で、かなりの負担になる可能性が考えられます。

例えば、股関節の前の方に痛みがある場合は、突然止まったり、走り出す、しゃがむなどのハードな動きによる筋肉の炎症である可能性が考えられます。
これを腸腰筋腱膜炎といい、長時間同じ姿勢で座っていると腰や股間に痛み、だるさを感じるのが主な特徴です。

・スポーツ障害

次に考えられる股関節痛の原因は、オーバーユース、つまり体の使いすぎです。
サッカーにテニス、ゴルフ、スキーにバレー、バスケットやフットサルなどの選手で、股関節痛が多いといわれています。

股関節は、体の中で最も大きい関節で、上半身と下半身の負担が常に大きくかかっています。
それと同時に動きも大きく、体のどこかに歪みや障害があると、ダイレクトに股関節にその負担がのしかかる仕組みにあります。

スポーツ選手の股関節痛は、体の歪み、動作の癖が主な原因で、不良フォームによって、繰り返し股関節に負荷をかけ続けているのが要因です。

・妊娠出産

女性の股関節痛発症のきっかけとなるのが妊娠、出産です。
この時期は、体重の増加、体のバランスの崩れはもちろんですが、リラキシンという特別なホルモンが分泌される事も原因の一つです。

リラキシンは、骨、じん帯、骨盤周辺の筋肉を緩める作用が高く、負荷に耐えられず簡単に体が歪んだりと、股関節に影響を及ぼす事態を生み出してしまうのです。

さらに、出産時は、骨盤が大きく開き、産後歪んだまま固定されるため、股関節痛になりやすい条件がすべて揃ってるといっても過言ではありません。

【股関節痛の症状】

歩き始め、起立時に足の付け根部分に痛み、違和感を覚えます。
症状が進行すると重だるい感じやハリ、こわばり、何かが引っかかっているような違和感を感じたり、運動後など動作の変わり目に痛みなどを感じる事もあります。

さらに長時間歩いた後の疲労から症状が悪化する、腰やお尻、太もも、膝などに関連痛が生じるというケースもあります。
ただし、股関節痛の症状の出方、現れる部位は、股関節痛の原因によって異なります。

【股関節痛対処ストレッチ】

股関節痛といっても、場合によっては、大きな病気の関連痛である可能性も高いので、自己判断せず、一度詳しい検査をうけるようにしてください。
検査結果で、さほど異常が見られないという場合は、これ以上の悪化を未然に防ぐためにも、対処ストレッチを取り入れましょう。

股関節痛予防には、下半身を中心とした筋力アップがおススメです。
足の筋肉や腱をゆっくりと伸ばします。

左右丁寧に行ったら、準備完了です。
椅子に座った状態できる簡単な筋力トレーニングとしては、背筋を正しく伸ばし、足踏みをするように足を動かす運動です。

その時腕も一緒に振るとさらにおススメ。
1日10分から15分続けてください。

次は、壁やテーブル、椅子を右手で掴み、体を固定したら、左足を大きく開きます。
開けるところで10秒キープしてゆっくり元に戻ります。

この動作を左右交互に20回の2セット行いましょう。
ムリをせず、毎日続けることが股関節痛予防の秘訣です。


ホームページをご覧のあなた様へのプレゼント

ホームページ限定特典はこちら

「ホームページの合い言葉」をお伝えください。
ホームページの合い言葉は下記のクーポンの中にあります。

ホームページ特典

◎ホームページ限定特典は初回のみのサービスです。

電話・メールでのお問合せはこちら

電話でのお問合せ
メールでのお問合せ

「はるかぜ鍼灸接骨院」へのお電話はこちら

 【住 所】 〒417-0001 静岡県富士市今泉1丁目11-8
 【電話番号】 0545-53-7272
 【営業時間】 月~金 午前 8:30~12:30 午後 14:30~19:00
土曜日 午前 8:30~13:00
 【受付時間】 午前は12時10分まで、午後は19時まで
 【定休日】 日曜、祭日、盆、年末年始
 【最寄駅】 東海道線「富士駅」「吉原駅」、岳南鉄道「吉原本町駅」
 【駐車場】 無料駐車場18台、よねやま歯科と共同使用完備

コメントを残す

*

PAGE TOP

会社概要COMPANY






MENU

MAIL

TEL
HOME