富士市 肩こり 腰痛 交通事故 むちうち 首こり

富士市 接骨院 寝違えの対応策

2017-11-17

だんだんと朝晩と昼の気温の差が激しくなってきましたね。
この時期になると、寝違えの症状を呈する方が増えていかれると思います。
今回は、寝違えに対しての予防、なった際の対応の仕方を勉強していきましょう。

なぜ寝違えが起きるか?ですが、そもそも「寝違え」とは、就寝中に首に強い負荷が長時間加わったために起きる外傷、
簡単に言うと、「首の捻挫」に相当するものです。
さて、寝違えが起きる原因ですが、「変な寝方をしているから」と一般的には言われています。しかし、根本の原因は別にあります。
それは、内臓の疲れ、特に「肝臓の疲れ」が寝違えを引き起こす原因だと言われています。
肝臓が疲れることによって首、肩、背中の筋肉がこわばり、寝ている際の負担を更に強めることとなります。(首、肩、背中の筋肉のある程度は一緒に繋がっていることが多いためです)
これではせっかくの安眠が台無しになってしまいますね。
更に寝ている間、脇の神経の圧迫も加わると寝違えが起きやすくなるとも言われています。
特に右半身を下にして寝ていることが多い方は要注意とされています。
なので、肝臓に負担をかけないためにも、暴飲暴食、過度の飲酒は控え、疲労はあまり残さずに過ごしていただけると予防に
繋がるかと思います。

では、万一起きてしまった場合、どう対応すればよいか。
まずは慌てず、深呼吸をして肩から肩甲骨の周りを意識して腕を回すといいでしょう。
この周りを動かすことで脇の神経の圧迫を取るだけでなく、固まった筋肉をほぐす効果も期待できます。
そこから、首のまわりを軽く温める、安静にするといいでしょう。
間違っても、首を回そうなどと思わないように。さらに症状が悪化し、痛みが長く続く場合があります。

もし、なかなか首の痛みが取れない場合、寝違えてどうにかしたいという方は、
是非一度、はるかぜ鍼灸接骨院にお越しください。


ホームページをご覧のあなた様へのプレゼント

ホームページ限定特典はこちら

「ホームページの合い言葉」をお伝えください。
ホームページの合い言葉は下記のクーポンの中にあります。

ホームページ特典

◎ホームページ限定特典は初回のみのサービスです。

電話・メールでのお問合せはこちら

電話でのお問合せ
メールでのお問合せ

「はるかぜ鍼灸接骨院」へのお電話はこちら

 【住 所】 〒417-0001 静岡県富士市今泉1丁目11-8
 【電話番号】 0545-53-7272
 【営業時間】 月~金 午前 8:30~12:30 午後 14:30~19:00
土曜日 午前 8:30~13:00
 【受付時間】 午前は12時10分まで、午後は19時まで
 【定休日】 日曜、祭日、盆、年末年始
 【最寄駅】 東海道線「富士駅」「吉原駅」、岳南鉄道「吉原本町駅」
 【駐車場】 無料駐車場18台、よねやま歯科と共同使用完備

コメントを残す

*

PAGE TOP

会社概要COMPANY






MENU

MAIL

TEL
HOME