富士市 肩こり 腰痛 交通事故 むちうち

富士市 接骨院 そもそもなんなのでしょうか?

2018-01-26

新年あけましておめでとうございます。スタッフの影山です。
皆さんいかがお過ごしでしょうか。
こんなにも寒い日が続いてしまうと体が固まってしまって、一日辛いですね。肩こりをお持ちの方、腰の痛みを抱えている方など、
様々な身体の症状をお持ちの方にはこの寒さは堪えますね。
ある時、治療中に患者様から『肩の”こり”って何なの?』という質問を受けました。
私たちが常に口にしている「こり」「はり」、最近ではCMなどでも耳にはしますが、改めて考えると良く知らないこともあるかと思います。
今回はこの「こり」「はり」について一緒に勉強していきましょう。

そもそも「こり」「はり」とは、筋肉が慢性的に同じ姿勢でいたり、短時間に何度も繰り返し強い力を加える等の動作によって、疲労、緊張し硬くなってしまったものです。この状態が長期間続いてくると、筋肉はがちがちになってしまい、中をはしる血管や神経を圧迫、血行不良を引き起こし筋肉は更に硬くなり、圧迫によって神経は誤作動を起こし脳が「筋肉に傷がついた」と誤解し痛みが出ていると判断してしまうため、「痛い」「だるい」「重い」「はりつめてる」といった感覚症状を出してきます。
これが「こり」「はり」の正体となります。即ち、「こり」「はり」とは表現に違いがあるだけで状態としてはほとんど同じものである、ということが言えます。

ではなぜ起こってしまうのでしょう?
上記の通り、同じ姿勢でいる、繰り返し力を加える等が温床となりやすいのですが、これは日常生活の行動が原因でもあります。
お仕事中、ずっとパソコンを見なければならない、座った状態で対応しなければならないデスクワークが主体の方、立った状態で何時間も
いなければならない方は、まさに「こり」「はり」を引き起こしやすいと言えます。
とはいえ、この現代において「こり」「はり」を持っていない、という方はおそらく少ないでしょう。そのくらい、「こり」「はり」を
持っている方のほうが多いのです。

とはいえこの「こり」「はり」、一概に悪いものとは限らないことがあります。なぜなら、「こり」「はり」が何らかの病気のサインであることがあるからです。
例えば両肩のこり、右、左でそれぞれ違う病気のサインだったりします。右の場合、肝臓や胆のうといった身体の右側にある臓器の病気の
サインとして、左は心臓の病気のサインとして「こり」「はり」を出すと言われています。ほかにも、肺や胃腸などの内臓の疾患でも肩や肩甲骨、背中、腰に「こり」「はり」を出すと言われています。
このような側面もあると、なかなか「悪いもの」というくくりには入れられないですね。

さて、これらを改善していく方法になりますが、ずばり、ストレッチを欠かさずにしていただくだけで症状は確実に変わっていきます。
方法を上げていくと枚挙無いので今回は割愛させていただきますが、必要なのは、ご自分のこっているな、はっているなと感じる筋肉、部位を意識して動かしていただくこと、この一つに尽きます。
最近はネット検索や書籍など様々な形でストレッチの方法が載っていることが多いので興味のある方はぜひ参照してみてください。

もしお悩みの方がいましたら、是非はるかぜ鍼灸接骨院にご来院ください!


ホームページをご覧のあなた様へのプレゼント

ホームページ限定特典はこちら

「ホームページの合い言葉」をお伝えください。
ホームページの合い言葉は下記のクーポンの中にあります。

ホームページ特典

◎ホームページ限定特典は初回のみのサービスです。

電話・メールでのお問合せはこちら

電話でのお問合せ
メールでのお問合せ

「はるかぜ鍼灸接骨院」へのお電話はこちら

 【住 所】 〒417-0001 静岡県富士市今泉1丁目11-8
 【電話番号】 0545-53-7272
 【営業時間】 月~金 午前 8:30~12:30 午後 14:30~19:00
土曜日 午前 8:30~13:00
 【受付時間】 午前は12時10分まで、午後は19時まで
 【定休日】 日曜、祭日、盆、年末年始
 【最寄駅】 東海道線「富士駅」「吉原駅」、岳南鉄道「吉原本町駅」
 【駐車場】 無料駐車場18台、よねやま歯科と共同使用完備

コメントを残す

*

PAGE TOP

会社概要COMPANY






MENU

MAIL

TEL
HOME