テーピングの効果

テーピングの効果

こんにちは。スタッフの赤堀です。   はるかぜでは、よくテーピングを使用します。 テーピングって何のためにつけるのでしょうか? 目的と効果についてお話しいたします。     【テーピングの目的】  

1. ケガを予防する

スポーツの種類によって、ケガの起こりやすい部位が異なります。 テーピングはこうした部位を補強し、ケガの発生を予防する効果があります。  

2.ケガの再発を防ぐ

以前にケガをした部位は、再発しやすくなっています。 テーピングはこうした部位を補強し、保護する効果があります。     【テーピングの効果】  

1.可動範囲が制限できる

捻挫、靱帯損傷、脱臼などは、その部位が正常な範囲を超えてしまった結果、起こる障害です。 このようなケガを防止するには、テーピングによる可動範囲の制限が効果的です。  

2.傷害を受けて弱くなった部位を補強できる

ケガをして弱くなった関節や筋肉、靱帯、腱などにテーピングをすると、その部位を補強することができます。 これはケガの再発予防に効果的です。  

3.ケガへの恐怖感を軽減できる

過去にケガをしたプレーヤーは、ケガに対する恐怖を抱くことがあります。 受傷部位を補強、保護することで、安心感が生まれ、思い切りプレーできるようになります。 またはるかぜで使用している多くは、キネシオテーピングです。 キネシオテーピングの場合は、更なる効果があります。     1. 筋肉の疲労を早く回復する スポーツをする時や、長時間歩くといった時は、連続して筋肉を使用します。 キネシオテックスを事前に貼っておくことで、疲労の蓄積を軽減したり、筋肉の円滑な動きをサポートします。 また、後からも貼っておくと、より一層の疲労回復を促します。   2.関節の動きを良くする

キネシオテックスには筋肉(皮膚)とほぼ同じ伸縮性がありますので、貼ったままで体を自然に動かすことが出来ます。 ですから、普段の生活に支障がありません。 筋肉(皮膚)の位置を調整することにより、ギシギシする関節の動きを改善することにも有効です。

【注意点】

ガッチリ固定したまま長時間置いておくと、局所的な機能低下を招き、かえって障害が残る場合があります。 テーピング後にシビレや違和感があった場合は、すぐに剥がしてください。 また肌がかゆくなる場合もあります。 かゆいまま貼っておくとかぶれてしまう場合がありますので、その際も剥がしてください。  

ホームページをご覧のあなた様へのプレゼント

ホームページ限定特典はこちら


「ホームページの合い言葉」をお伝えください。
ホームページの合い言葉は下記のクーポンの中にあります。

ホームページ特典

◎ホームページ限定特典は初回のみのサービスです。


電話・メールでのお問合せはこちら


電話でのお問合せ
メールでのお問合せ

「はるかぜ鍼灸接骨院」へのお電話はこちら
 【住 所】 〒417-0001 静岡県富士市今泉1丁目11-8
 【電話番号】 0545-53-7272
 【営業時間】 月~金 午前 8:30~12:30 午後 14:30~19:00
土曜日 午前 8:30~13:00
 【受付時間】 午前は12時10分まで、午後は19時まで
 【定休日】 日曜、祭日、盆、年末年始
 【最寄駅】 東海道線「富士駅」「吉原駅」、岳南鉄道「吉原本町駅」
 【駐車場】 無料駐車場18台、よねやま歯科と共同使用完備

コメントを残す

*

PAGE TOP

会社概要COMPANY





MENU

MAIL

TEL
HOME