もし交通事故に会ってしまったら…

もし交通事故に会ってしまったら…

こんにちは。スタッフの赤堀です。   もし交通事故で被害者(加害者)になってしまった場合 どうすればいいでしょうか? 不意の事故では誰しもが慌てて冷静さを失うものですが、まずは落ち着いて行動するように心がけましょう。 もしもの時の為に、事故に遭った際の対応とポイントをご説明します。   ①事故の発生と対応 交通事故に遭ったら、すぐに運転を停止し、加害者・被害者問わず、負傷者がいる場合は、速やかに救護しましょう。 (場合によっては救急車を呼びます)   ②警察への届け出 交通事故に遭った旨を必ず警察に連絡しましょう! 警察への届け出を怠ると保険金(慰謝料や治療費)を請求する際に必要な「交通事故証明書」が発行されません。 どんな小さな事故でも警察に連絡しましょう。 また届け出は「人身事故」にしてください。 (人身事故にしないと、自賠責保険を使って治療できないことがあります)   ③必要情報の収集 事故処理に必要な情報を収集しましょう。 ・相手の運転免許証で氏名、住所、電話番号 ・相手の車の登録ナンバー ・相手の自賠責証明書の証券番号と保険会社 事故処理を進めるうえで最低限必要です。 (スマートホンなどのカメラ機能を利用するのも有効です)   ④自分の任意保険会社に事故連絡をする 自分が加入している任意の自動車保険会社に事故の連絡をしましょう。 (本来は加害者が、加害車両が加入している任意保険会社に連絡をするのですが、被害者本人も連絡した方が手続きがスムーズです)   ⑤病院で診察し、診断書を発行してもらう 医師の「診断書」があった方が、自賠責保険を使った治療を行う上で非常にスムーズです。 出来るだけ早く病院で医師の診察を受けましょう。 その際の注意点ですが、診断書に記載された「負傷名」が、自分の症状と合っているか確認しましょう。 例えば、首・背中・肩・手首が痛いにも係わらず、診断書に「首」のことしか記載されていない場合、治療対象に「首」しか認められなかったり、後日、病院で「診断書」を再発行してもらう場合があります。   ⑥加害者側の任意保険会社に治療の連絡をする 電話で、加害者の任意保険会社に「はるかぜ鍼灸接骨院での治療を希望する」ことを伝えて下さい。 はるかぜ鍼灸接骨院は予約制ではありません。 ご都合の良いお時間に直接ご来院ください。 ご不明な点、ご質問などございましたら、お気軽にはるかぜ鍼灸接骨院までご連絡ください。

ホームページをご覧のあなた様へのプレゼント

ホームページ限定特典はこちら


「ホームページの合い言葉」をお伝えください。
ホームページの合い言葉は下記のクーポンの中にあります。

ホームページ特典

◎ホームページ限定特典は初回のみのサービスです。


電話・メールでのお問合せはこちら


電話でのお問合せ
メールでのお問合せ

「はるかぜ鍼灸接骨院」へのお電話はこちら
 【住 所】 〒417-0001 静岡県富士市今泉1丁目11-8
 【電話番号】 0545-53-7272
 【営業時間】 月~金 午前 8:30~12:30 午後 14:30~19:00
土曜日 午前 8:30~13:00
 【受付時間】 午前は12時10分まで、午後は19時まで
 【定休日】 日曜、祭日、盆、年末年始
 【最寄駅】 東海道線「富士駅」「吉原駅」、岳南鉄道「吉原本町駅」
 【駐車場】 無料駐車場18台、よねやま歯科と共同使用完備

コメントを残す

*

PAGE TOP

会社概要COMPANY





MENU

MAIL

TEL
HOME